だしがなくても美味しい。栄養豊富なひじきの煮物

だしがなくても美味しい。栄養豊富なひじきの煮物
  • 作ってみたよ! (0)
  • 参考になったよ! (0)

こんにちは。

今週は特に冷え込んでいますね。私は今日も朝から窓を開けて、新鮮(ほんとに新鮮?)な空気を部屋に取り込んでいます。一応まだ継続中。笑

寒さとは打って変わって、スーパーには早くも「春キャベツ」や「新じゃが芋」が並んでいますね。美味しい時期は3~5月。その頃にポトフやサラダを作りたいなと思っています。春はもうすぐそこ。

さてさて。昨日の献立はこんな感じでした♪

*豚バラの甘味噌焼き

*ひじきの煮物

Cpicon 副菜に♩豆苗とキノコのさっぱりポン酢炒め by nonko5252

*かぼちゃと蓮根のオリーブオイル焼き

*豆腐とわかめのお味噌汁

今日はこの中のひじきの煮物をご紹介します♪

だしがなくてもしっかりうまみが詰まった煮物になるので、手間が省けてらくちん。

 材料 (2人分)  調理時間20分(+ひじきの下ごしらえ20分)
乾燥芽ひじき      14g(一袋)
蓮根(薄いいちょう切り)50g
人参(細切り)     1/4本
ごぼう(細い乱切り)  50g
油揚げ(細切り)    1/2枚
オリーブオイル     大さじ1/2

【調味料】
砂糖   大さじ1
醤油   大さじ2
みりん  大さじ2
塩    少々

 

 作り方

①調味料を合わせておく。

②芽ひじきを15分ほど水につけ、さっと茹でておく。油揚げもさっと茹で、細切りにする。

③蓮根は薄いいちょう切り、ごぼうは細めの乱切りにして水にさらす。人参は細切りにする。

③鍋にオリーブオイルを熱し、ひじきと野菜、油揚げを炒める。

④しんなりしてきたら調味料を加えてふたをし、弱火で約15分煮たらできあがり。

 

ひじきの良い点はカルシウムと食物繊維が豊富なこと。骨を丈夫にしたり、便秘を改善したりだけでなく疲れやイライラを緩和してくれる効果もあります♪

一方で、発がん性のある無機ヒ素が含まれていることも分かっており、食べすぎは良くないとのこと。

でも大丈夫!無機ヒ素は「しっかり水に浸す→茹でる」というひと手間を加えることで9割も減らすことができるので、この手間を惜しまず、美味しく食べてくださいね。

 

冷蔵保存で日持ちは3~4日間。1日経ったものはより味が染み込んでいて、ご飯のおともにぴったりです。

いま流行りのワンプレートごはんの一品にいかがでしょうか。

 

  • 作ってみたよ! (0)
  • 参考になったよ! (0)