料亭をイメージ。えびと長芋のれんこんはさみ揚げ

料亭をイメージ。えびと長芋のれんこんはさみ揚げ
  • 作ってみたよ! (0)
  • 参考になったよ! (0)

こんにちは。

昨日の献立はこんな感じでした♪

Cpicon 漬けてフライパンで焼くだけ!鱈の西京焼き by nonko5252
*えびと長芋のれんこんはさみ揚げ
*かぶのすり流しスープ
*五目豆

今日はこの中のれんこんはさみ揚げをご紹介します。

先日行った和食屋さんの味を再現してみました。

本来であれば山芋を使うのが良いのだろうけど、手に入りやすい長芋でチャレンジ。

主菜としても十分活躍してくれそうな一品になりました。

 材料 (4個分)  調理時間20分  材料費(調味料除く)405円
分量 単価 材料費
えび(みじん切り) 10尾 223円 223円
長芋(すりおろし) 50g 32円 32円
大さじ1
醤油 2、3滴
片栗粉 大さじ1.5
少々
れんこん 100g 226円(150g) 約150円
片栗粉 適量

 

 作り方
①えびは殻を剥き、背わたを取ってみじん切り。長芋は皮を剥いてすりおろす。
酒、片栗粉、醤油、塩を加えよく混ぜる。
れんこんは皮をむき、幅1.5cmの輪切りにし、酢水につけておく。
②れんこんの水気を取り、両面に片栗粉をまぶす。タネを挟んで、タネの側面にも片栗粉をつける。

③フライパンに油を2cmほど入れ、180度に熱して揚げ焼きにする。両面、側面によく火が通ったらできあがり。
タネが柔らかいので、3~4分程かけて片面をじっくりあげてから裏返してください。

和食らしくシンプルな味付けになっているので、お好みで塩をふりかけると、えびやれんこんの甘さが
より引き立ちます。
タネに使っている長芋には独特なネバネバがありますよね。
これはムチンという成分で、胃腸の粘膜を保護する働きがあります。外食が続いて胃腸が弱っているときにはたっぷりと取りたい野菜です。

 

しかし、加熱するとその栄養素は失われてしまいますので、サラダやとろろなど生のまま食べるのが
一番効果的な摂り方です。

 

ちなみに、山芋と長芋は同じ「ヤマノイモ科」。違いは、粘りの強さにあります。
山芋の方が粘りが強く甘味があり、長芋は水分が多くてあっさりしてる。
栄養価の違いはほとんどないようです。

 

山芋は天然もので希少価値が高く、一方長芋は栽培されたものなので値段は全然違いますが。笑

 

安くて十分美味しいので、今週は長芋に頼ることになりそうです。笑

 

 B男
 揚げ物は個人的に大好きなので、食べる前から興味がありました。
 外はサクサクでレンコンの歯応えがほどよいファーストインプレッション。
 口の中に長芋のトロトロが広がりなんとも言えない甘みと相まって個人的には久々のヒット、

 いやツーベースヒットでございます。

 のん子(心の声)

 「久々のヒット」ってなんや「久々の」って。笑

 B男
 食べた時にすぐ気付きませんでしたが、噛んだところから小さな海老が見え、存分にかけられた
 であろう手間暇とちょっとした豪華さを覚えおいしさが倍増。

 男は好きな味だと思います!定期的に出してほしい〜笑

   のん子(心の声)
 そうそう。手間隙がかかっているように見えて、実は簡単なんですよね~
 (B男にはめっちゃ大変やったと言っている)。
 やらなあかんことと言えば、ネバネバした長芋をゴリゴリすりおろすくらい。
 ある程度すりおろせたらみじん切りにしても良いですしね。
 揚げ物ばっかり褒めるから気に食わないけど、美味しかったならよかったです。
  • 作ってみたよ! (0)
  • 参考になったよ! (0)